みなとみらい縁市

12月1日土曜日、グランモール公園美術広場で行われた「みなとみらい縁市」の取材に行きました。
神奈川県のいろいろな場所から、たくさんのお店が出店していて、とてもにぎわっていました。主催者の一般社団法人横浜みなとみらい21の方にお話をうかがいました。みなとみらい縁市は今回で4回目で、来る人が1万人から2万人ほどに増えたそうです。

買い物できるお店だけではなく、ワークショップを体験できるお店もありました。記者の一人が電動ろくろ体験をしていて、少しむずかしそうでした。

会場では、音楽イベントもやっていました。演奏者の「ブレーメン通り商店街バンサイILFE」のメンバーにお話を聞くことができました。このバンドのメンバーのみなさんは、ふだんはブレーメン通り商店街で店を開いている商店主の人たちです。商店街の人たちが集まってつくったグループなのです。ときどき、今回のように、商店街を出て、ステージで演奏をすることで、商店街の宣伝をしているようです。演奏はアマチュアバンドとは思えないほど上手で、聞いていて楽しかったです。

みなとみらい縁市は、作る人や歌う人の想いがいっぱいこもっていました。

ブレーメン商店街