横浜銀行に行って

横浜銀行に取材にいきました。銀行には三つの仕事があります。預かる仕事と貸し出す仕事とお金を送る仕事です。お金を預けることを、預金といいます。預金をすると預金通帳がもらえます。預金をすることで、家が燃えたり、犯罪者にとられる不安がなくなります。

銀行に預けて安心でしかも得をします。仕事などで大金が必要な時に、銀行から必要なお金を借りて、たとえば工場などを作ります。工場が利益を上げたら、お金を返します。それに利息がつくので、銀行の売り上げになるのです。

将来ぼくは銀行にお金を預けたいと思いました。