銀行のお仕事の中身

横浜銀行は、全国的に支店がある銀行ではなく、神奈川県を中心とした地方銀行です。

横浜銀行では、三つのお仕事をしています。一つ目は、お金を預けるということです。お金を預けていると、いつでも使いたいときには銀行で取り出すことができます。預けることで、どろぼうにとられたり、火事で焼けてしまったりするのもふせげ、安心できるのです。二つ目は、お金を貸し出すということです。たとえば、新しく会社をつくるというとき、銀行が貸してくれます。おきゃくさまから預かったお金が、銀行を通じて、その会社に貸しだされる、というしくみになっているのです。三つ目は、お金を送るということです。たとえば、AさんはBさんにお金を送りたいとします。そのときに銀行を使うと、別の銀行と横浜銀行とが、ネットワークでつながり、送りたいBさんのもとへ送れるという構造になっています。

横浜銀行は、それ以外にも、地域のたくさんのことに関わっています。はまぎんこども宇宙科学館や横浜銀行アイスアリーナなどの、施設に協力しています。今回、横浜銀行のことを知ることができ、楽しく取材ができました。