ランドマークタワーに隠れた秘密

ぼくたちジュニア記者は、ランドマークの15階にある三菱地所株式会社横浜支店に行ってきました。CMで「三菱地所を見に行こう♪」と歌っているのを耳にしますが、何をやっている会社か知らない人も多いでしょう。
三菱地所とは、物件を買い取り、買い取った物件の部屋などを、他の会社などに貸すという仕事を主にしています。

ランドマークタワーもそのひとつです。

まず、ぼくが驚いたのは、ホテルが600室もあることでした。ショッピングモールとオフィスしか入っていないと思っていたので、そんな数のホテルがあるということが、驚きでした。

そして裏側にはすごい装置が隠れているのです。それは「制振装置」という、揺れを抑える装置です。制振装置が作動するのは、年間4回くらいあるそうで、そのほとんどが地震ではなく、強い風による揺れだそうです。言われてみると、いままで確かにランドマークタワーにいるときに、揺れを感じることはありませんでした。その制振装置というのは、展望の上の階にあり、揺れを6割、7割もなくすというので驚きです。ぼくは、5mくらいのとても大きなものが、展望台の上に隠されていると知ってびっくりしました。

ぼくは、ランドマークの裏側を見て、貴重な体験をすると共に、三菱地所が、他にも色々なところを手掛けていることを知ったので、三菱地所が経営しているところを、見つけ、三菱地所のことをもっと知りたいと思いました。